資金調達の種類何個あるの?徹底解説!?

未分類

資金調達の種類!?大暴露!?

今回は資金調達の基礎となる資金調達の種類について説明していきます。

資金調達は基本的に4つあります。この3つが王道です。今回の記事では、この王道の3つを説明していきます。

資金調達は、民間や国で運営しているものなので金融機関によって手数料や借入金は企業によって異なりますので、そういう面でもしっかり説明していきます。

そもそも資金調達についてあまり詳しくない人は、一回資金調達について調べてからじゃないと話に付いていけないかも知れないので、一度単語と仕組みを勉強してからこの記事を読んだ方が自分の為にもなると思います。

資金調達王道の二つ紹介

1、 デッドファイナンス  2、 エクイティファイナンス

この2つ紹介していきます。

この2つはあくまで王道の2つだけを取り上げているので、これ以外にも地方によってはあるので確認という形で見てくれたら幸いです。

1、 エクイティファイナンス

エクイティファイナンスというのは、企業が新株を発行をしてその株で資金調達するといった方法です。

本当はもう少し細かい部分がありますが、そこは割愛させてもらいます。

主にエクイティファイナンスには4つありますが、基本的にはこの公募(時価発行増資)というやり方です。

このやり方は時価で新株を発行をして自分達のブランド力を活かしたやり方です。まだ、ピンと来てない人もいるかと思います。

簡単に言うとまだ設立したての会社やブランド力が無い状態でこの資金調達は自分の欲しい額までに、到達するのに相当な時間が掛かると思いますので、あまりおすすめはしません。

それならまだ紹介してない二つのどちらかを選んだ方がいいと思います。

2、デッドファイナンス

デッドファイナンスというのは、借入金融と言ってお金を借りて事業を始めることを言います。

つまり、デッドファイナンスというのは負債という形でお金を借りるという事です。え、借金って良くないじゃんって思った人も中にはいると思います。

でもこのデッドファイナンスは自分の欲しい額をしっかりもらえるという利点があります。そういう面では、飲食業や不動産投資でのビジネスには向いているかと思います。

また、もう一つのメリットとしては、利息がほとんどかかりません。これは自分の中ではとても大きいものだと思っています。利息が掛かる掛からないでは、ビジネスの成功の確率に左右されると言っても過言ではありません。

でも、このビジネスは自分中では賭けのビジネス方法だと思っているのであくまで借金です。

貰えるわけでは無いので、そこは勘違いしないで始めてもらいたいです。

お願いいたします。

最後に一言

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回紹介した二つはあくまで王道の二つです。決めるのは、自分自身ですがそれをどう攻略するかは全部自分のノウハウだったり集客方法だったり色々あると思います。

基本的にお金を貸してもらえた金額でこの人のビジネスに可能性を感じたがわかると思われます。

だから、と言ってやっぱり諦めようかなという人はやめた方がいいと思います。

そんな中途半端な気持ちでなるくらいならビジネスの世界に入ってこない方がいいと思っています。

今のビジネスの世界はいつお金が無くなるかが分からないほど複雑な世の中になってます。だから中途半端の気持ちなら今すぐ諦めるのをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。