ファクタリングで即日資金調達する方法

2者間・3者間ファクタリングでは手数料相場(総費用)が異なる




2者間・3者間ファクタリングでは手数料相場(総費用)が異なる

 ファクタリング取引では2者間ファクタリングの方が3者間ファクタリングより手数料相場(総費用)が高くなる傾向があります。一般的に2者間ファクタリングでは売掛金額の10~30%、3者間ファクタリングでは1~10%と言われています。これはどのような理由によるものなのでしょうか?

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングで異なるリスク

 2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの場合、売掛金の譲受人であるファクタリング会社の背負うリスクは異なってきます。3者間ファクタリングの場合にはファクタリング会社は、売掛金を支払う債務者から直接支払を受けるため、「譲渡された売掛金が債務者から期日通りに支払われない」リスクのみを負うことになります。

 ところが、2者間でのファクタリングの場合には、譲渡された売掛金の代金は、一旦元の売掛金所有者である事業主のもとに入金されます。その後、入金された売掛金代金について事業主がファクタリング会社に支払うという取引の流れになっています。そのため、ファクタリング会社にとっては、上記の「譲渡された売掛金が債務者から期日通りに支払われない」リスクに加え、「回収された売掛金が事業主から支払われない」というリスクも負うことになるのです。当然、そのリスクはファクタリング会社の取り分に反映されるため、一般的に2者間ファクタリングの方がリスクが高い分手数料も多くなります。


 

また、このリスクは事業主とファクタリング会社との間でファクタリング取引の実績を積むことで信用が生まれ、リスクも軽減されます。そのため、ほとんどのファクタリング会社では、初回の手数料より2回目以降の手数料水準の方が安くなってきます。これは取引実績があることにより、初回取引時よりもリスクが低いと判断されたことによるものです。このため、今後ファクタリング取引の実施が想定されるような場合には、最初に取引実績を作って、信用を得るためあえて、あらかじめ小口でファクタリング取引をしておく事業主の方もいらっしゃるそうです。

ですが、2者間ファクタリングだと発生しない費用も!

 一般的には2者間ファクタリングの方が手数料相場(総費用)が高いというお話しをしましたが、必ずしもそうとは限らないケースもあります。それは「債権譲渡登記に関する費用」が発生しないことによるものです。通常、2者間ファクタリング取引を行うのは、金融機関や得意先等の外部に資金繰りで困っていることを知られたくないことが主な理由です。そのため、2者間ファクタリング取引においては、第三者に対して取引の事実を知られてしまう債権譲渡登記は行わずにファクタリング取引をすることが多くなります。

 その結果、債権譲渡登記に関して発生する費用(登記費用 8万 当期抹消費用 1万)がかからず、ファクタリングで譲渡する金額や売掛金の信用度によっては2者間ファクタリングによるリスク上乗せ分より減少した登記関連費用の方が多くなるため、結果的に3者間ファクタリングより手数料(総費用)が安くなるケースもあるのです。






銀行や得意先に知られずにファクタリング取引をするには? 

取り引き先の承諾が必要なファクタリング取引・不要なファクタリング取引 

 ファクタリング取引の契約形態には事業主様とファクタリング会社との2社間契約と、得意先様の承諾も必要となる3社間契約の2つの契約形態があります。3社間契約の場合には得意先様の承諾後、ファクタリング会社に得意先から直接支払ってもらうことになります。当然3社間契約の場合はファクタリング取引は得意先に知られることになります。また、3社間取引は得意先の承諾がないと契約ができません。

 しかし、ファクタリングにより資金調達をしたことがおおやけになると、銀行の評価が下がって今後の融資の評価に影響があるかもしれない、得意先が不安になって大口の受注をくれなくなるのでは?、仕入先が支払条件を変えてくるのでは?との不安から、ななるべくファクタリング取引することを知られたくない事業主の皆様は多いかと思います。ファクタリングで早期に資金調達したのはよいものの、周りに余計な不安を与えて、今後の事業活動に不利益になってしまったのでは元も子もありません。

2者間ファクタリング取引のすすめ

 そのような場合にはファクタリング会社との2社間でのファクタリング取引をおすすめします。2者間取引は取引の事実を知っているのは契約当事者の事業主様とファクタリング会社だけなので、他の第三者に知られる心配はなく、秘密裡にファクタリングによる資金調達が可能になります。2者間取引の大まかな流れは以下の通りです。

ポイント

  1. 事業活動により売掛金が発生
  2. 事業主様とファクタリング会社との2社間でファクタリング(売掛金の売買)契約締結
  3. ファクタリング会社より支払い(この時点で売掛金が資金化)
  4. 期日通りに事業主様が得意先から売掛金を回収
  5. 回収金額をファクタリング会社に支払

こうすれば、銀行や取引先等の第三者に知られることなくファクタリングにより資金調達をすることができます。

 この2社間ファクタリング契約はファクタリング会社によっては取り扱っていないので、内密に取引をしたい場合には業者選びの際に2社間取引可能な業者を確認する必要があります。

ご自身で2者間取引をしている業者を探すのが面倒だという方はこちらでご相談下さい↓
資金調達のプロ