資金調達と融資の違いって知ってる!?徹底解説!

未分類

 

資金調達と融資って一緒でしょ?本当は全然違う!?

今回紹介するのは、資金調達と融資の違い解説します。

 

 

資金調達

資金調達というのは、主に三種類あります。

1、デッド・ファイナンス これは借金という形でお金を調達するという事です。

2、アセット・ファイナンス これは自分の資産から資産調達する形のことです。

3、エクイティ・ファイナンス これは自分の会社を株式にして投資家などから株を買ってもらいそこから資金調達するという形のことを言います。

この三種類が資金調達の主なやり方です。 自分の事業に合った方向性の資金調達しないと資金調達だけに、お金が要って自分の所にお金が残らないという事が中小企業に起こることです。

この三種類から自分に合ったプランを見つけるのかがいかに重要かが分かったと思います。

融資

融資というのは、銀行や質屋や保険会社や貸金業者などが融資に値することです。

主に融資のやり方は銀行融資ですが、銀行に行って色々な審査を受けてそこから申請書をもらいそこから申請を通すだけです。

また、銀行融資を受けるのは基本的に個人事業主や中小企業23.4%約4分の一占めていることになります。

このような個人事業主や中小企業が受けるローンの事をビジネスローン言います。

大体ビジネスローンを組みたいのですがと言ったら大体理解してくれると思いますので是非お試しください。

ここまで聞いて、資金調達と同じじゃんと思った人が居ると思いますが今説明します。

 

資金調達と融資の違い

 

資金調達と融資の違いは色々あります。

1、金額

2、審査

3、返済

この三つが資金調達と融資の違いです。早速紹介したいと思います。

1、金額

この金額は変動が激しいです。資金調達で何億も貰える人や10万ぽっちしかもらえない人もいます。融資の場合は安定して金額がもらえる為比較的安定していると思います。

飲食業などのある程度月にかかるお金が分かりやすいものは、融資の方が良いかと思います。

2、審査

審査は、本当にバラバラです。じゃあ融資と資金調達どっちが難しいの?と思った人もいると思います。

圧倒的に融資の方が難しいです。でも全部が難しいのではなく銀行融資に比べたら難しいという事です。

だからと言って資金調達に乗り換える人もいますがそういう人ほど落ちる人多いような傾向がるように感じます。 承諾された人でも、こんなに良い事業なら融資受かったのにという人もいます。

審査を受けるなら一度融資の方を受けてから資金調達にした方が良いと思います。

このように流れを大切にしましょう。

3、返済

返済というのは、有るか無いかの違いなのですが資金調達の場合ほとんどあります。

資金調達の場合返済するものもありますが、そんなに返済する義務はされておりませんので最初の方はほとんど支給されるのを待ってから始めるのがほとんどの様だと思います。(特に若い世代)

だからと言って返済期間が融資は早いのかと言われるとそんなこともありません、意外と融通が利くことの方が多いと思います。