ファクタリングの基礎

手形割引の仕組みや特徴

手形割引の仕組みや特徴



2019/4/1


手形割引の仕組みや特徴
手形割引とは銀行や業者に手形を回収してもらうことで、期日よりも早く現金を得ることの可能なサービスです。
今回は手形割引の仕組みやメリット、ファクタリングとの違いをまとめましたので、今後の参考に目を通してみて下さい。

手形割引とは

手形割引とは、企業が受け取った商業手形を銀行や業者に回収してもらうことで、期日前の現金化を可能にする手形取引のことです。
一見すると融資とは違うサービスのように思えますが、その実態は売掛債権を担保にした融資という扱いになっています。

手形割引のメリット

手形割引の最大のメリットは、まとまった資金を期日よりも早く手に入れることが可能なところです。
資金繰りが厳しい状態の中でも手形割引を利用することにより、キャッシュフローを改善することができます。
また、通常は融資を利用すると債務超過になる恐れがありますが。手形割引は債務に該当しないので、負債が資産の総額を上回る心配も要りません。
今すぐにまとまった現金が欲しい場合や、銀行から融資を受け取れずに困っている場合などには、手形割引が大いに役立つことでしょう。

ファクタリングとの比較

ファクタリングとは売掛先から買い取った売掛債権を譲渡することで、支払い期日よりも早い段階で資金を受け取ることのできる金融サービスのことです。
早期現金化によって貸し倒れリスクの回避をできるため、確実に資金を手に入れたい場合などには有効なサービスと言えます。
そんなファクタリングですが、手形割引と同様に売掛債権を買い取ってもらうサービスであるため手形割引と一見共通しているように思えるものの、両者の性質は全く異なります。
売掛債権を担保にして融資を行う手形割引に対し、ファクタリングは売掛債権の売買という扱いとなっています。
そのため、貸し倒れのリスクやサービスにかかるコスト、審査基準などが互いに異なります。
以下にそれぞれ詳しく解説していきますので、一緒に見ていきましょう。

貸し倒れリスク

手形割引は手形を担保にした融資という扱いであるため、「不渡り」が発生した場合には手形の振出人が支払ってもらった代金を全額返済して、買い戻す義務が発生します。
一方、ファクタリングの場合は「売掛債権の譲渡」という扱いなので、売掛債権を買い取ってもらった後に売掛先企業が倒産したとしても、売掛債権の売却主にまで責任が及ぶことはありません。
これを「ノンリコース(非遡及」と言い、一度売掛債権を売却してしまえば、その後に債権が支払われようと支払われまいとリスクを被る心配は無いのです。
そのため、「取引先が倒産するかもしれない」と感じる場合には、貸し倒れリスクを負うことのないファクタリングで資金を調達をするべきでしょう。

サービスにかかるコスト

サービスにかかるコストがファクタリングと手形割引で異なります。
ファクタリングの手数料設定は、2社間ファクタリングが5%〜15%、3社間ファクタリングが1%〜5%となっています。
一方、手形割引の手数料設定は銀行が1,5%〜5%、手形割引業者が3%〜15%となっており、両者を見比べてみるとファクタリングの方が手形割引よりも全体的に安く設定されていることが分かります。

審査

審査の内容についてですが、手形割引の場合は融資という扱いなので、比較的シビアな審査基準が設けられています。
顧客の書類を参考に返済能力を徹底的に見るため、赤字決算や債務超過、税金未納などの状態では、審査に通らない可能性も出てくるでしょう。
一方、ファクタリングでは売掛先の信用力が極端に低くない限り、問題なく債権を買い取ってくれるので、赤字決算や債務超過があったとしても一定の信用力さえあれば審査に通過できる可能性が高いです。

まとめ

今回は手形割引の仕組みや特徴、ファクタリングとの違いについてお話しさせて頂きました。
手形割引とは手形を銀行や業者に買い取ってもらうことで、期日よりも早く現金を受け取ることのできるサービスを言います。
そのため、今すぐ資金が必要な時や銀行から融資をできずに困っている時は、手形割引を利用することで、問題なく早期現金化を実現することが出来ます。
一見するとファクタリングと同じように思えますが、貸し倒れリスクやコスト、審査内容が異なるので、この機会に押さえておくと良いでしょう。