ファクタリングの基礎

手形割引に関して

手形割引とは

手形割引とは一般的に商売上の受取手形を、その手形の満期日前に現金化する行為をいいます。
そして現金化する日に手形記載金額から差し引かれる金額を手形割引料と呼びます。
現金化は、銀行や一部ノンバンクで行っています。知り合い企業や、個人の方が手形割引を行う場合、金融業の登録が必要です。

手形割引の仕組み

手形割引は期日未到来の手形を資金化する主に事業者向けの短期資金調達法です。
金融商品であることに間違いはありませんが、銀行とノンバンクではその概念や利用法に違いがあるようです。
手形は支払期日に、銀行に入金するなどして現金化することができますが、その期日以前に現金化したいとき、
手形割引という資金化の方法をとります。
銀行においては、短期の運転資金の借入れと同じ扱いとしていますので、顧客の信用力に応じた限度額を考えます。
法律的には、手形割引は有価証券である手形の売買と解す判例・通説も多いのですが、銀行では融資というカテゴリーに入ります。

手形割引する場合は、手形割引の依頼人が裏書という法律行為を行うことによって成り立ちます。
裏書には、万一持ち込み手形が不渡りになった場合、手形金額を裏書人が責任を持つ、つまり金融機関に返済を
するという約束事の上で成り立ちます。
これは、法律上の遡及権と呼ばれるものですが、不動産担保での融資と同じでノンリコース(裏書の責任を負わない)の
手形割引も、理論的にはありえます。但し、ノンリコースの手形割引を実行している金融機関は非常に少ないですが。

銀行においては、割引手形は商業手形(商取引によって受け取った手形)であるという建前で行いますので、
融通手形などを受け付けることはありません。もちろん、手形はその表面に実態が記載されているわけでは
ありませんので、銀行の担当者がわからないか、見て見ぬ振りをすれば手形割引は実行されるのが現実です。

銀行では、顧客側の信用力を審査するという建前がありますから、割引の依頼は、持ち込み手形がどんなに
立派であろうと、即日実行はありえません。
又、その理屈で言えば、持ち込み手形がどんなに内容のよい、信用力のある手形であっても、持込人の信用力が
判断できなければ、実行はしません。(もちろん、どんな世界にも例外はありますが)
又、信用力のある顧客であっても、銀行によっては実行までに何日もかかったりする例はいくらでもあります。
逆に即時実行の銀行もあります。
現状は、都市銀行、地方銀行は全般的に手形割引に消極的、一部の信金信組を除くとこちらもやや消極的という、
報告がきております。
銀行にとっては、手形割引の実務は非常にめんどうくさいみたいですね。利用者側から見ても、手形割引の額面を
自身の利用限度額に組み込まれると、肝心の融資のときに銀行を利用できなくなってはあまり価値のない取引なのかもしれません。

以前の金利と違い年率が、実質15%に押さえられたノンバンクの手形割引と銀行の手形割引では、その違いを
どのように考えればよいのでしょうか。
現状手形割引の年率は、どれほど違うのでしょうか。
まず銀行では現状年率1%前半から6%程度までの差があるようです。これは、銀行の体力差からきます。
但し、手形割引を比較的積極的に行っている銀行は信金・信組(正式には銀行とは呼ばないですが、ここでは
あえて銀行の範疇に組み入れて話を進めます)ですから、金利は平均的には都市銀行よりも高めの3%から6%の
間となります。
比較してノンバンクは年率3%から12%くらいで推移してるようです。(ちなみに3%を表示している業者は全国で1社だけでしたが)

すごいですね~。今まで銀行とノンバンクの金利差がこんなに迫ったことがあったでしょうか。あるいは、逆転してる
場合もあるかもしれません。

この差は具体的に見るとどれほどの差なのでしょうか。
一般的に手形のサイトは120日程度とされていますので100万円の手形割引120日サイトとすると、
3%の金利の場合9863円
6%の金利の場合19726円
12%の金利の場合39452円

う~ん。もちろん負担金利は少ないほど利用者にとってはありがたい話ですが。ここで、冒頭お話した、銀行の対応あるいは
手形割引に関する考え方と、利用者側の使い勝手がかかわってきます。

さて、昔から悪名高き金貸し業、その中でもノンバンクの実態は現状どうなっているのでしょう。
手形割引に関する限り、実は本当に手形割引を実行できるノンバンクは非常に少なくなっています。そしてこれからも
減っていくことが予想されます。
なぜという前に、現状認識は必要です。もともと、金融業に個人向けも、事業者向けもなかったのですが、ノンバンクの
世界では、はっきりと棲み分けできていました。
しかしながら、環境の変化は、金貸し業(ノンバンク)を木っ端微塵に打ち砕き、いまや銀行の資本が入っている貸金業が
大半になってきました。但しこれは消費者金融業つまり昔で言うところのサラ金の世界です。

事業者金融、手形割引は特殊な世界で昔からなかなか銀行が手を出せないあるいは、出さない現実があるのです。
(それだけ複雑、魑魅魍魎の世界だということでしょうか)
結果、手形割引をしている事業者金融は減少の一途をたどり・・・・・
そうなると、銀行もノンバンクも関係なく、手形割引のチャンネルをある程度確保しておくことは、中小零細企業にとっては、
今後死活問題になる可能性もあります。
なにせ、手形があっても、現金にする金融機関がないのですから。

ちなみに、民事再生法を申請した企業は、監督委員(弁護士)の同意を得てノンバンクで手形割引をしているところは多いです。
もちろん優良で健全なノンバンクを選びましょう。・・・ここが難しい。

どんなノンバンクが、よいのでしょうか。
銀行と、それほどの金利差がないのであれば銀行選びと同じです。
皆さんはどういった基準で銀行を選ぶのでしょうか?
1.融通が利く
2.こちらの話を理解し誠実に対応してくれる。
3.金利が安い
4.言うことがコロコロ変わらない。
考えてみると、当たり前のことですが、まあこんなところではないでしょうか。
ノンバンクの場合はこれに、いきなりつぶれたりしない、怖いところとつながっていないなどが加わるかもしれません。
これらは、ノンバンクとしての業歴や、提示レートなどが判断の要素になります。
現代社会ではインターネットで検索すればかなりの手形割引業者が出てきますが、現実に割引業務を前向きに実行している
ところはそれほど多くないはずです。

手形割引の失敗談

ポイント

  • 手形割引実行日が遅い

    ポイント

    • 銀行の場合は実行までにかなりの日数を要す(1週間から10日)場合があるようです。これは、単に稟議上で時間がかかっている場合と、作為的な場合があります。・・・遅らせて会社の様子を見たい・・なんていう場合です。
    • ノンバンクの場合は、資金がなくてすぐ実行できないことが、実際に起こります。もちろんそのまま実行できなければ、盗難といわれてもしょうがないわけですが・・・・。
    • 一般的に銀行にしても、ノンバンクにしても2~3日以内が常識的な日数だと思います。
    • 手形を持ち込む前に、実行日を確認しましょう。
  • 相殺されてしまった

    ポイント

    • 銀行にしてもノンバンクにしても借入れが存在する場合、一方的に相殺されて手形割引のお金が使えない場合があります。
    • これ、一方的ですから止めようがありません。
    • 銀行の貸しはがしという言葉がありますが、まさに、これです。
    • おかしいなと思ったら、そこでの割引は差し控えたほうが無難です。
  • 聞いている手取り金額と違う

    ポイント

    • 銀行の場合は、いきなり高くなったとしても知れています。いきなり倍というのは、一般的にはありません。まあ、聞いてないのに一方的に今日からこの金利です、というのも頭にくる話ではありますが、銀行は昔からそうです。
    • 困るのはノンバンクです。いまだに、実行しようと思ったら聞いている金額とまるで違うという話を聞きます。実行しなければいいのですが、今のお金がいる場合は、泣く泣く利用するということも起こります。(まさにそれを狙っているのですが)
    • 何故このような、取引の仕方をするのかわかりませんが、質のよくない業者であることは間違いありません。早々に取引をやめて、信頼できる業者を探しましょう。

手形割引料・手形割引率

銀行で割引を実行したときは、これ以外に手形を取り立てるための取立て料、場合によっては調査にかかわる実費なども
徴収されることがあります。

ノンバンクにおいてもおおよそ銀行と同様ですが、大きく違うところが手形割引の実行及び手形割引率の決定に関してです。

銀行においては、手形割引の実行に関して、まず持ち込み人(つまり顧客)の信用度が第一に重要となります。
顧客の信用度とは現在までの与信を指します。
つまり、預金はいくらあるか、担保は提供されているか、過去に遅延等の問題がないか、
決算内容は相当の利益を確保しているか、過去に手形割引の実績はあるか

これらが審査されて初めて手形割引の実行対象持込人となりえます。
顧客の審査が問題なければ、持ち込み手形の信用度、金額や、支払期日の妥当性が審査され、クリアーされれば、
持ち込み日を含めて2~3日で顧客の預金口座に入金実行されるのが一般的です。

この場合の割引金利は、たいてい銀行ごとに決められている下限と上限の割引率の中で顧客ごとに決められ、
持ち込み手形内容とは関係なく一律の場合が多いようです。もちろん、例外的に、手形内容別にあるいは、
条件別に金利が決定されることもあるのですが、全体から見ればまれな例といえます。

持ち込人と手形内容とを同時に調査するところから始まります。審査内容は銀行と同じでも、
割引実行までの時間に大きな差があります。持ち込み日と実行日が同時ということが多くなります。

金利に関しては、銀行と違い手形の信用度が大きく左右します。
もちろん、こちらの信用度も加味されますが、どちらかというと手形の買取という概念が強く、買取銘柄によって、
金利も変わるというやり方です。

このように、一見同じ業務の中でも、考え方の違いによって、実行までの段階が違い、金利に反映される、あるいは、
実行までの必要日数が違うということになります。

その結果、手形銘柄によっては、弊社の割引利率のほうが、利用している銀行の割引利率よりも安いという状況も出ています。

現在では、銀行との割引利率の差が少なくなってきました。実際に計算すれば、割引年率の差は実際の割引料として考えた場合、
思った以上に小さく、企業運営の致命傷とはならない可能性が強いと思われます。
実際、民事再生を申請した企業などは、銀行が利用できないため、再生のためにノンバンクを利用することもあります。
しかしながら、安易にノンバンクを利用するべきかというと、そうではないと思います。

是非とも、使い分けを考えるべきではないでしょうか。
銀行を主に、しかしながら、万一の用意をしておく。
あるいは、銀行を上手く利用するためにノンバンクを利用する。

手形割引の危険性

1.手形割引をすることによって対外的な信用度が損なわれることはないのか?

 まず、手形割引の依頼する相手はともかく、手形割引自体は回収手形の資金化ですから、周りにとやかく言われる筋合いのものではありません。
 但し、手形割引をする会社と、満期日まで手持ちできる会社とではどちらが、資金余裕のある会社かといわれれば、当然後者となります。
 手形割引自体は悪いことではないのですが、資金余裕という意味で考えれば、信用度が落ちると考える人も中にはいるでしょう。

 では、手形割引について誰にも話さなかった場合、誰が手形割引の実行を知りえるのでしょうか?(当然割引を依頼した相手以外で)
 唯一ありえるのは、手形の振出人です。振出手形は満期(支払期日)に手形が振出し銀行に提示されます。このとき手形の振出人が振出銀行に
 依頼すればその手形の裏書を見ることができます。裏書から推測して、割引をしたのか、裏書譲渡したのか、自身で取り立てたのかの推測が
 できます。

 そう、これは推測です。手形は、一般的には裏書を行いますが、第一裏書人以外は裏書をしない場合も実はありえますし、裏書があるから
 といって、間違いなく手形割引を行ったとは限りません。単なる支払いとしての譲渡(回し手形)の場合も多くあるわけですから。

 商売を行っていれば、資金的な余裕があろうと無かろうと支払いは発生します。
 回し手形での支払いは、一般的には余裕のある会社が行う行為ですので、信用度が損なわれることはとはまったく関係ありません。

 このように考えると、裏書を確認する行為にそれほど意味があるとはおもえません。つまり、よほど特殊な事情がある場合を除いて、振出人が
 裏書を見ることはないのです。

 第一、支払った先の事情にそれほど関心を持つ場合とはどんな場合でしょう。
 あるとすれば、手形の振出人がお客様に対して債権を持っている場合でしょうか。

 次に割引相手別に考えて見ましょう。
 銀行が割引先である場合、割引をしたからといって、問題になるとは思えません。
 懸念されるのは、ノンバンクが相手先の場合だと思います。

 まず申し込みをしてからのスタートになります。
 もちろん、銀行でも手形割引の依頼に申し込みは必要です。ただ銀行の場合は、取引の実質のスタートは預金取引になることが一般的です。
 (実際は預金取引にも申し込みは行っているのですが)
 ノンバンクへは預金はありませんから、手形割引の申し込みが取引スタートになってしまい、特別なことと感じられるかもしれません。
 しかしながら、これは割引業務を行う金融機関に共通した処理なのです。

 手形割引の申し込みをした後、銀行もノンバンクも審査のための調査を行います。
 銀行の場合、既に預金取引で実績を積んでいるので、会社概要や販売先の振込みなどで把握できる部分が多くあります。
 ノンバンクでは、全て一からの調査になるため、場合によっては細かいと感じる部分まで、聞かれる必要が生じます。

 さて調査の段階で、振出手形について銀行では銀行間の調査を行うことがあります。
 これは、銀行同士の相互取り決めにより行われるもので、銀行以外は利用することができません。この調査は手形振出人のことを、振出銀行に
 直接聞くものです。振出手形が不自然な動きをしているときなど、銀行同士で情報を共有する場合もあります。
 これらは、銀行間での情報ですから、外部には漏れないことになっています。

 ノンバンクでは通常、独自の調査網で調査をします。会社ごとの独自のものなので、社内秘であり、外部には漏れません。

 但し、ノンバンクが加入している日本事業者金融協会(JBFA)に、割引情報についての報告義務があり、協会員である金融業者の
 間で開示されることになっています。いわゆる、借入れ情報に近いものです。
 金融業者の間で開示されるということは(もちろん当該協会に加入している貸金業者間でという意味ですが)、割引希望の手形を、
 複数の金融業者に打診されればされるほど、その手形の情報が広く広まってしまう可能性があるということです。

 また、安易に第三者に依頼されますと、同時に数多くの金融業者に打診をしてしまい、その結果手形出回り情報により割引ができなくなる
 (いわゆる割止めというのですが)場合があります。
 手形割引の依頼は、必ず本人が慎重に検討された上で金融業者を選択し、依頼することをお勧めします。

2.万一持ち込み手形が不渡りになったとき、想定している以上の被害を受けることはないのか?

 手形割引を依頼し実行された手形が、万一不渡りとなり現金化されなかった場合、一般的に発生する負担は買い戻し義務です。
 手形割引はひとつの契約ですから、その契約によりリコース(買い戻し特約あり)とノンリコース(買戻し特約なし)がありますが、
 特に定めの無い場合は、全て買い戻し特約ありの手形割引となっています。ここでは、この買戻し義務が生じる手形割引について、
 ご説明します。

 金額は、あくまで手形割引がなされた、手形の金額。つまり手形に記載された金額となります。
 買い戻し期日は、不渡りが確定されたときというのが一般的です。
 この条件に沿って取引を行えば、手形額面以上の負担はほとんど発生しません。せいぜい、手形組み戻しの手数料ぐらいのもので、これは、
 銀行もノンバンクも変わりません。
 但し、即日の買戻しが条件どおりできない場合、銀行とノンバンクでは違いが出てきます。

 銀行においては、買戻しは絶対的なもので、買戻しが終わるまで、全ての与信取引がストップされるのが一般的です。これは、様々の状況を
 生み出す場合があります。

 ・例えば、固定性の預金の取り崩しで買戻しをしようと思ったのだが、応じてくれなかった。(取引バランスが崩れるからという理由で)
 ・例えば、ほかの手形の割引で買戻しをしようとしたが、割引に応じてくれなかった。(まず、買戻しをしてからといわれた)
 ・例えば、決まっていた借入れがストップされた。(この借入れでの買戻しに応じてくれなかった)

 などなど、銀行の付き合いによっては、意地悪をしているかのような応対がなされることもありえます。
 もちろん柔軟に、対応してくれる銀行もありますから一概に言えませんが、こうした銀行対応に対する不満があることも事実です。

3.手形割引は、いったん手元から手形を割引者へ渡すことになり、ここに危険性はないのか?

 銀行に手形を差し入れた場合、その2~3日後に取引口座へ、手形割引の実行分が入金されるのが一般的です。
 銀行の場合、この銀行のルールに沿わなければ実行がなされないので、選択肢はありません。

 ノンバンクの場合一番多いのが、同時実行です。これは、手形とお金の交換なので本件の疑問とは関係ありません。

手形割引のデメリット

銀行とお付き合いをしている場合、銀行では手形割引を含めた融資に枠を設ける場合が多くあります。
それは、保証協会の枠であったり、担保提供の枠であったり、信用で得た枠であったりします。
ここでいうデメリットとは、銀行より融資を受けている場合に発生することがあります。
つまり決められた枠を、手形割引で使うことにより、手形割引以外の融資が受けられなくなる可能性があるということです。

当たり前のように、銀行で手形割引を実行し、あるいは、運転資金などを借入れしていても、本当に必要なときには、
枠がいっぱいですと断られてしまうケースをよく見かけます。

銀行では、手形割引も、それ以外の融資も、与信の中にカウントするので、こうした現象が起こります。
銀行では、手形割引は、手形の買取ではなく融資の一部であるということです。

銀行の枠をまず知ることです。そして、生きたお金の調達をするためには、どうしたらよいかを、考えてる。
現状はもちろん、将来的にも現状の銀行取引で十分ならば、そしてお付き合いしている銀行が信頼できるのであれば、何の問題も無いでしょう。
しかしながら、いろいろ見聞きした中においては、最後の最後まで協力的であった銀行は皆無です。

「転ばぬ先の杖」をお考えになることも企業経営の中では、必要なことではないでしょうか。
その「杖」のひとつに、ノンバンクを加えることも一つの回答です。

手形割引と不渡り

ここでは、一般的な流れをご説明しましょう。
まず、不渡りを出した会社へ出向き、状況を把握しましょう。
このときの、状況により色々なパターンがありますが、手形振り出し先の協力を得られない場合、集金を受けとっていない商品があったとしても、
黙って持ち帰ると、後々返還を請求される場合もあるので、注意が必要です。
状況によっては、迷うこともあると思います。適切な助言を得てから行動してください。

手形振り出し先の責任者がいる場合は、受取手形の総額について、あるいは、売り掛けが残っている場合は、その支払いについて、交渉しましょう。
この場合は、すでに、担保になるものなど無いのが通常ですが、何かしら資産がある場合(手形振り出し先が持っている売掛金などの債権など)
もあります。よく話を聞いて、納得いく結論を導き出すよう交渉するのです。

不渡り手形の振り出し先との交渉とは別に、処理しなくてはならないのが、手形を譲渡した先との話し合いです。
裏書譲渡した支払先も、手形割引をした銀行・金融会社も同じ債権者です。重要なのは、全てを無理なく解決するということです。
十分な余裕があればいいのですが、そうではない場合、あるいは例え余裕があったとしても、この処理には検討が必要です。
被害が致命的にならないように、あるいは少しでも有利に運ぶように考えなければなりません。

先を見据えて、計画的に交渉しましょう。

倒産防止協会に加入している場合、売り掛けの詳細な内容を取り揃えておくことが大切です。手形の振り出し先から、発注書や、納品の
明細書などを受け取っていない場合は、発行してもらうことも重要なことです。

回し手形で手形を受け取っている場合も同じです。請求する先が増えたと考えてください。

いずれにしても、受取手形が不渡りになるということは、緊急事態です。

高い手形割引料・安い手形割引料

手形割引料に限らず、負担となる支払いは安いほうが良いに決まっています。
但し現実の世界では、安ければ良いということばかりではありません。
いくら安くても、肝心なときに利用できなければ、事業資金は意味がありません。
もちろん安くて、いつでも思い通りになれば良いのですが、相手がある社会では、時として、今のコストを惜しんだがために、
かえって高くつくということもあるのではないでしょうか。
これは、金融の世界だけではなく、すべての仕事の中でもありえることだと思います。

さて高いといわれ続けた、ノンバンクの金利も、最近はかなり下がってきました。
銀行との差はどれほどなのでしょう。
ここでは、銀行金利との比較で事業資金のコストとして、ノンバンクの利用がありえるのかどうかを検討してみたいと思います。

手形割引の動向(独自調査)
       手形割引率(年率)
都市銀行   1.5~ 3.00%
普通銀行   2.0~ 3.50%
信用金庫   2.5~ 4.50%
信用組合   3.5~ 5.50%
ノンバンク  3.0~14.04%

まだまだ差があるかもしれません。
これを、実際の手形割引料金額にするとどれほどの差なのでしょう。
手形金額を100万円 日数を120日として計算してみました。

都市銀行   4,931円~ 9,863円
普通銀行   6,575円~11,506円
信用金庫   8,219円~14,794円
信用組合  11,506円~18,082円
ノンバンク  9,863円~46,158円

いかがでしょう。

尚、銀行における金利の幅は利用者の信用力により決定され、ノンバンクにおける金利の幅は、持込の割引手形の信用力により
決定されることが多い、それゆえに(手形割引利率が手形一枚一枚変わるので)、ノンバンクの金利の幅は銀行よりも大きいくなります。

手形貸付と手形割引の違い

銀行においては、通例手形貸付専用用紙(この用紙が手形なのですが)を使い、この用紙を借用書の代わりとして貸付を行います。
このときの貸付を手形貸付と呼びます。
あくまで呼び名ですので、手形に対する義務は、手形貸付だから、手形割引だからという特別な法的違いはありません。
手形割引の手形の売買という側面を取り除いたものが手形貸付と考えていただければ間違いありません。

つまりお客様から見れば、
手形割引は手形の売買あるいは、手形を借用書の代わりとした借入れ。
手形貸付は手形を借用書の代わりとした借入れ。
ということです。

資金化するという目的は変わりませんが、手形割引と手形貸付では必要書類が異なる場合があります。

手形割引の仕訳・手形割引の経理処理

参考例としていくつか列記します。

1. 売掛代金を手形で回収した。
(借り方)受取手形//(貸し方)売掛金

2. 受取手形を取り立てに回し、期日に入金された。
(借り方)銀行口座//(貸し方)受取手形

3. 受取手形を、割引した。
(借り方)銀行預金あるいは現金//(貸し方)割引手形
(借り方)手形割引料

4. 割り引いた手形が、決済された。
(借り方)割引手形//(貸し方)受取手形

5. 受取手形が不渡りになった。
(借り方)不渡り手形//(貸し方)受取手形

6. 買掛金を自振り手形で支払った。
(借り方)買掛金//(貸し方)支払手形

7. 買掛金を、受取手形の裏書により支払った。
(借り方)買掛金//(貸し方)裏書手形

8. 裏書手形が不渡りになった。
(借り方)裏書手形//(貸し方)受取手形
(借り方)不渡手形//(貸し方)銀行口座あるいは現金

などとなります。