ファクタリングで即日資金調達する方法

売り掛けとは

売り掛けとは?意味や注意点を徹底解説

何か金銭の取引をする際に、「売り掛け」という言葉を聞いたことはありませんか?
流通に関する用語であり、業界によっては「よく耳にする」という人や、実際に関わるという人もいるのではないでしょうか。
ここでは「売り掛け」について、その意味から注意点までを詳しくご説明していきます。

売り掛けとは

「売り掛け」とは、商品などを先に納品したのち、後日に支払いを受けるという取引方法のことをいいます。そしてその際に、売り主に発生する債権のことを「売り掛け金」と呼びます。
つまり売り掛け金というのは実際のお金のことではなく、未納である架空のお金のことを指すということになります。
未納というのはイメージとしてあまり良いものではないかもしれませんが、実際には世の中のほとんどの取引には未納金が発生します。発生しないのは小売業などの、商品と現金を同時に直接交換する商売だけでしょう。
請求書が発行されるような取引方法では、納金が為されるまでは全てが売り掛け金ということになります。

ツケ払いのようなもの

売り掛けの仕組みがいまいちピンとこないという人は、ツケ払いを想像すると良いでしょう。
仲の良い友人が営んでいる飲食店などに行くと、「お会計はツケといて!」などという人がいたりしますが、これがツケ払いです。
ツケにしておくと、受け取った商品やサービスに対して、その場では払わずに後からまとめて代金を支払うことができます。
このツケておいた代金のことを売り掛け金といいます。

「売り掛け金」と「売り掛け債権」の違い

しばしば「売り掛け金」と混同されるものとして、「売り掛け債権」というものがあります。
売り掛け債権には、売り掛け金と受取手形が含まれます。
つまり、売り掛け金とは売り掛け債権の一部であるということになります。
受取手形とは手形の支払いで商品やサービスの代金を徴収する権利であり、売り掛け金とは手形以外の支払いで代金を徴収する権利です。そしてその受取手形と売り掛け金をあわせたものが売り掛け債権となるのです。

「売り掛け金」と「買い掛け金」の違い

売り掛け金と買い掛け金は、読んで字のごとく意味に違いがあります。
売り掛け金が(手形以外の)支払いにおいて商品やサービスの代金を徴収する権利であるのに対し、買い掛け金は代金を支払う義務ということになります。
つまり、サービスや商品を提供する企業には売り掛け金が、受ける企業には買い掛け金が発生します。

「売り掛け金」と「未収金」の違い


「売り掛け金」と「未収金」は、どちらも未だ支払われていない代金を受け取る権利、つまり債権であり、その点で意味が非常に混同されやすくなっています。しかしここには明確な違いがあります。
まず売り掛け金とは、営業取引によって発生する債権です。これは例えば、製造した又は仕入れた商品を販売した場合や、サービスを提供した場合などに発生します。
対して未収金とは、営業外の取引によって発生する債権です。これは有価証券や不動産、機械設備などを売却した際などに発生します。
ちなみに未収金としての計上に関しては、決算期後1年以内に回収予定のものであるということが原則になっています。

売り掛けの注意点


売り掛け金が発生する取引において注意しなくてはならないポイントがあります。
それが、「黒字倒産」という事態です。
「黒字」なのに「倒産」と言われても意味がわからないという方が多いかと思いますが、これは会社経営の話としては決して珍しくありません。
商品の売買取引が行われて売り上げが生まれたとしても、すぐに代金の支払いが行われるとは限りません。もし支払いが翌月でないとされないなどといった場合でも、商品の原価や元値などは今月支払わなくてはならないというようなことはよくあります。
売り上げとして売り掛け金が発生していても、現金が手に入っていない状態では支払いを行うことができませんよね。債務を期日までに納入することができない状態では、経営をすることができません。すると、黒字であるにもかかわらず倒産してしまうということが起こってくるのです。
基本的にビジネスにおいては、収入より支出の方が先に来ます。そのため、資金繰りには十分注意が必要であることをしっかり理解しておきましょう。

ファクタリング(売掛金の買取)について

資金繰りの方法の1つに、ファクタリング(売掛金の買取)という方法があります。
ファクタリング会社を利用して売掛金を買い取ってもらい、運用資金を調達することができます。
ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2種類の方法があり、
それぞれのメリット・デメリットがあります。
ファクタリングについてはこちらの業者が業界トップですので、詳細についてはプロにお問い合わせすることをおすすめします。

まとめ

「売り掛け」とは、商品などを先に納品したのち、後日に支払いを受けるという取引方法です。
未納である架空のお金のことを指し、これは実際には世の中で行われているほとんどの取引で発生しています。
売り掛け金には注意すべきポイントもあり、支払いの状況によっては黒字でも倒産してしまうなどの事態も考えられるため、よく理解しておく必要があるでしょう。