ファクタリングの基礎

ファクタリング取引の具体的な流れ




ファクタリング取引の具体的な流れ

 実際に取引をしたいファクタリング会社が決まり、申込みをした場合にどのような手続き入金までが行われるかについての流れを紹介しています。

 取引したいファクタリング会社が決まっていない、各社の条件や契約内容を比較した上で、一番条件の良いファクタリング会社と取引したい事業主の皆様はこちらへ↓
資金調達のプロ

ファクタリング会社への申し込み

電話やネットでの申し込みをします。その際には以下の情報が必要となります。

ポイント

  • 会社概要(会社名、住所、電話番号、設立年月日、資本金、事業内容等)
  • 代表者の情報(住所氏名、生年月日、連絡先等)
  • 会社の財務情報(年商、近年の業績、借入の情報、過去及び現在の債権譲渡登記の有無)
  • 希望条件(調達希望金額、希望日、資金使途、売掛先への通知の諾否)
  • 譲渡希望売掛金の情報(会社名、住所、代表者名、売掛金の内容、金額、入金予定日、年間取引額等)

 上記のような内容について、メールや電話でヒアリングされ、同時にファクタリング会社が行っているファクタリング取引についての説明がされます。この時点では以下の事項を確認しましょう。

ポイント

  • 掛目、手数料等を全て含めた総コスト
  • 問題なく手続が終われば、いつまでに売掛金の入金がされるか
  • 債権譲渡登記の有無
  • 売掛先への通知の有無
  • 償還請求権(売掛金が期日通りに回収されない場合、得意先の代わりに払う義務のこと)の有無

 上記の結果ヒアリング内容に問題が無く、また説明を受けた契約条件で納得できる場合、次の手続に進みます。



必要書類の提出

ヒアリングで問題ない場合、ファクタリング取引をするために以下の書類の提出が必要となります。

(必ずしも、この時点では全ての書類がそろう必要はありません)

ポイント

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)
  • 会社案内(パンフレット等)
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明
  • 定款・決算書
  • 譲渡希望の売掛金を証明する請求書等
  • 売掛先との取引基本契約書
  • 取引に係る銀行口座情報(通帳)

ここでの審査のポイントは主に以下の内容です。

ポイント

  • 売掛先の信用
  • 売掛先との取引状況

必要書類を提出したらファクタリング会社側が提出書類に基づき審査を行います。

ファクタリング契約の内容確認

 審査内容に問題の無い場合、ファクタリング契約の手続へと進みます。事前確認のためにファクタリング会社から契約書(案)がメール等で送付され、契約内容の最終確認をすることになります。ヒアリングの時点で確認した内容で間違いが無いか再度確認しましょう。この時点での確認をおろそかにするとトラブルの原因になります。

最終面談・契約締結

 上記内容で契約書の内容確認が終了したら、最終審査のための面談が行われます。なお、この段階では上記で用意した書類の原本が必要となります。最終審査では書類に記載している内容と面談での回答に整合性があり、矛盾が無いか、契約相手となる経営者の実際の印象等について確認がなされ問題の無いことを最終確認し、その後事前に確認しておいた契約書に基づき契約を締結します。

指定口座への入金

 事前に確認した通り、早ければ面談直後か、指定の期日までに売掛金の譲渡代金が入金されファクタリングによる資金調達が完了します。申し込みから入金まで、早ければ即日、通常数日以内で終了するため早期の資金調達が可能となります。




 

 




ファクタリング契約でのチェックポイント

ファクタリング取引は他の資金調達方法に比べると、取引の種類も多いため、事前にきちんと確認すべき事項を整理し納得した上で、契約をしないと、契約後に「こんなはずじゃなかった」「聞いていた話しと違う」ということにもなりまねません。そこで、ファクタンリング契約検討段階及び、ファクタリング契約締結直前に最低限確認すべき事項をチェックポイントとしてまとめてみました。

ファクタリング契約の検討段階でのチェックポイント

ファクタリング契約の検討段階では、まずどのようなファクタリング取引を選ぶか、業者と具体的な相談をするために必要な事項、ファクタリング取引での希望事項を整理することになります。

1.希望金額、それに見合った売掛金はあるか

当然、売掛金の金額以上の資金調達はできないため希望金額を上回る売掛金があるかを確認する必要があります。ない場合はファクタリング以外の方法で資金を調達するか、必要分の一部をファクタリングで調達することになります。

2.入金希望日(いつまでに資金化したいか)

これにより取引方法が変わってくることもあるので、具体的な日付(○月○日○時まで)を事前に確認しておきます。資金化までの期間に余裕があるほど選択できる方法は多くなります。

3.取引の総コストは売掛金総額の何%まで許容できるか

当然安ければ安いほど良いにこしたことはありませんが、実際に許容できる割合を考えていた方が良いです。これは契約の最終段階で改めて総コストを確認しておく時の判断基準にもなります。また、提示された割合が極端に高い場合(35%以上)、極端に低い場合(5%未満)には注意が必要です、その場合には条件自体に納得している場合でもきちんと説明をもとめ理由を明らかにしましょう。説明や理由に不明な点がある場合には業者自体の信頼性を再度疑ってみる必要があるかもしれません。

4.第三者に知られてもかまわないか(債権譲渡登記、得意先の承諾が必要でも構わないか)

選択できるファクタリング契約が決まってくるので事前に確認します。

5.回収リスクを移転したいか、資金調達さえできれば特にこだわらないか

上記4.と同様で選択できるファクタリング契約を決めるために事前に確認します。

6.得意先の承諾は得られそうか(3者間ファクタリングができるかの前提条件)

3者間ファクタリング契約は、得意先の承諾が無いとできないので、確認できる範囲内で感触を確かめておきます。

7.過去に債権譲渡登記を行っている場合、債権譲渡登記は抹消済みか

債権譲渡登記の抹消を忘れているとファクタリング契約自体ができないので、過去にファクタリング取引その他で債権譲渡登記を行ったことがある場合には忘れずに確認しましょう。登記自体したことが無い方は確認不要です。



 

契約直前最終段階でのチェックポイント

この段階では、契約を締結するファクタリング契約の内容や条件を再確認し、納得した上で契約するためのチェックポイントです。これを怠ると、聞いていた話しと違う契約になっていたり、思っていたより入金額が少ない等で後々トラブルになりかねないので、事前にきちんと確認した上で契約書を締結しましょう。

<契約内容の確認>

1.契約対象は誰か(2者間・3者間)、3者間取引の場合には得意先の承諾済か

2.債権譲渡登記は必要な契約か、不要な場合それはどういう理由か

3.回収リスク(貸倒リスク)は移転するか(償還請求権の有無)移転しない場合はどういう理由か

4.上記事項(1~3)を踏まえ、契約方法、契約内容で不明な点はないか、自身のニーズに合致するか

様々な契約方法・契約形態がありますが、最低限上記事項(1~3)は確認した上で契約方法、契約内容を確認し納得した内容になっているか確認ましょう。

 

<契約条件の確認>

5.入金日の確認

いつまでに入金されるか、日付はもちろん時間帯まできちんと確認しましょう。

6.取引に係る全ての費用を確認し、納得しているか

取引に係る掛目、手数料等のコストはもちろん、譲渡される売掛金の金額、振込手数料の負担はどちらかや、実際に銀行口座にいくら振り込まれるかまで、きちんと確認しましょう。よくあるのは、聞いてない費用が(振込手数料、印紙代その他)最後にひかれて入金されていたりするので要確認です(契約書をよく見ると実はきちんと書いてあったりします)。

7.手数料に含まれる消費税の有無は確認したか

債権譲渡取引なら消費税は非課税、それ以外なら取引形態によりケースバイケースになります。上記取引内容の確認と合わせて手数料に含まれる消費税の有無もきちんと確認しましょう。

<その他の事項>

8.業者に指定された、すべての書類がそろっているか

不備があると事前に確認した入金日での入金が遅れることがあります。もし、入手に時間がかかる書類等があれば、早めに業者に相談し、いつまでに用意すれば良いか事前にすり合わせしておく必要があります。

9.契約書の文面で不明な部分はないか、不明な部分について説明を受け納得しているか

契約書はきちんと文面を確認しないと、実は事業主自身に不利な事項が記載されてあったりします。契約締結後に聞いてなかったというのは通用しないので、面倒でも、遠慮せずに、疑問点はどんどん質問しましょう。優良業者であれば、契約前に契約書の内容について確認の為、逐一説明してくれます。ここで説明が不親切であったり、納得のいかない説明である場合には再度契約自体を考え直す必要があるかもしれません。

10.ネット等で取引相手の業者の評判は確認したか

さすがにここで具体名は出せませんが、明らかにネット上で悪評が立っている闇金まがいの業者も少なからず存在します。確かにネット上の情報だけを鵜呑みにするのは危険ですが、後になって「少し調べればすぐわかったのに!」と頭をかかえないためにも取引業者名を検索してみる程度のリサーチは最低限やっておいた方が良いです。