ファクタリングで即日資金調達する方法

ファクタリングの種類(売掛金の早期資金化目的限定)




ファクタリングの種類(売掛金の早期資金化目的限定)

 ファクタリングには様々な種類があります。詳細はファクタリング業者により若干異なりますが、「回収期限前の売掛金を早期に資金化する」目的のファクタリングの種類については大別すると誰が契約当事者になるかという分類と、具体的な契約方法の違いによる分類に整理できます。

1.契約当事者の違いによる分類

2社間ファクタリング

 

事業主様とファクタリング会社の2社間でファクタリング契約をする方法です。

<取引の流れ>

ポイント

  1. 事業活動により売掛金が発生
  2. 事業主様とファクタリング会社との2社間でファクタリング(売掛金の売買)契約締結
  3. ファクタリング会社より支払い(この時点で売掛金が資金化)
  4. 期日通りに事業主様が得意先から売掛金を回収
  5. 回収金額をファクタリング会社に支払う

このように、2社間で取引をするため、銀行や取引先等の第三者に知られることなく資金調達をすることができます。

3社間ファクタリング

 事業主様とファクタリング会社、及び売掛先の得意先の3社でファクタリング契約をする方法です。

<取引の流れ>

ポイント

  1. 事業活動により売掛金が発生
  2. 得意先よりファクタリング(債権譲渡)の承諾を得る
  3. 事業主様とファクタリング会社、得意先の3社間でファクタリング(売掛金の売買)契約締結
  4. ファクタリング会社より支払い(この時点で売掛金が資金化)
  5. 期日通りに得意先からファクタリング会社に売掛金を支払い

このように、2社間の取引とことなり、契約する前に得意先の承諾が必要となるため、得意先の同意が得られなければ契約することができません。また、ファクタリング契約について得意先に知られることとなります。




2.契約スキームによる分類

売掛金(売掛債権)を譲渡するファクタリング

 ファクタリング会社が事業主様から売掛金(売掛債権)を買い取り、資金を提供する方法です。この方法によれば、売掛金(売掛債権)が譲渡されるため、事業主様の回収リスク(貸倒リスク)が無くなり、売掛金もオフバランスされます。実質的には手数料を支払って売掛金を早期に回収したのと同様の効果になります。この方法では原則的には債権譲渡登記が必要になります(3者間取引の場合)。

売掛金を担保にして融資を受ける方法(ABL 動産・売掛金担保融資)

 

売掛金を担保にして融資を受ける方法です。回収期限前の売掛金を使って、資金調達ができるため、これも一般的にファクタリング取引として行われています。融資を受けるだけなので、売掛金の回収リスク(貸倒リスク)は事業主様に残り、回収期日に売掛金が回収できない場合、返済する義務が生じます。金融機関の扱っているファクタリングは、ほぼこの契約スキームによる方法です。この方法では債権譲渡はしないので債権譲渡登記は不要になります。

売掛金の代金回収を保証する方法(保証ファクタリング)

 保証料を支払って、回収リスク自体を保証してもらう方法です。回収リスク自体の保証なので実質的な回収リスクはありませんが、本来は手数料を支払って回収リスク(貸倒れ)を保証してもらっているだけなので、保険と同様の効果で本来は早期の資金調達方法ではありません。(実際には手数料の上乗せで早期にファクタリング会社より入金される取引として利用されることも多いです)そのためこの方法では債権譲渡はしないため債権譲渡登記は不要です。

 なお、この保証ファクタリングには国土交通省が実施している「下請債権保全支援」という助成制度があり、建設業者や資材業者を保護する内容となっています。この制度を利用すると、通常は建設業者が支払う保証料金を国土交通省が2/3まで負担してくれます。この制度は平成28年3月までの制度のため、利用を検討される方はご注意下さい。

(参考 国土交通省HP)

国際ファクタリング

 これは輸出業者がL/C(信用状)の代わりにファクタリング業者に輸出債権を買い取ってもらう方法です。輸出業者である事業主様はファクタリング業者と輸出先である海外の得意先との間に3者間でファクタリング契約を締結します。ファクタリング業者は海外の輸出先企業の信用を調査(提携してる海外の専門調査会社に調べてもらう)の上で契約の可否を判断しますので、通常は他のファクタリング取引に比べて、資金化できるまでの期間は長くなります。そのため、通常は早期資金調達の手段としてというよりは、輸出先企業の信用が不安な場合の回収リスクを担保する意味合いで利用されることが多いファクタリング取引です。




<戻る>

 

 

 

 




ファクタリング実際に利用された事業主様の声

ファクタリング取引はすぐに資金化できる、売掛金の信用があれば、事業主様自身の信用状況はあまり重視されない、借入ではないといったメリットから、様々な業種・様々なニーズにより利用されています。その一部をご紹介します。

業種‥建設業 年商‥10億

受注は好調でしたが、工事期間の延長や、受注増加により入金予定が遅れ、材料費や外注費支払が厳しくなっていました。 金融機関からの追加融資もうまくいかない中で手形の決済日が迫っている状態でした。問い合わせたの当日にお会いして翌日にはファクタリングを行っていただき、なんとか不渡りを回避しました。

業種‥卸売業 年商‥7億

売掛先からの入金が遅れ、当座決済が苦しい状況でした。銀行からの借入も直近で融資を受けたため追加融資ができず資金繰りに困っていました。前月分の売掛金をファクタリングで買い取って頂き、支払いに間に合いました。また、長期の資金調達交渉にも相談に乗っていただき銀行より長期融資を受けることができました。

業種‥製造業 年商2,000万

設立後間もない会社のため、金融機関からの融資もまとも受けられない状況です。納品から入金までの回収サイトが長く、常に資金繰りのは苦労していましたが、大口の受注案件があり、それに対する仕入の支払ができない状態になってしまいました。ファクタリングで資金を都合するとともに、資金繰りの提案等もしていただきました。

業種‥冷蔵設備 年商1億

資金不足のため税金を滞納しており銀行からの資金調達が困難な状況でした。ファクタリングを利用して滞納していた税金を支払うとともに、実質的な回収サイトが短くなったことから、以前の切迫した資金繰りではなく、計画的に資金調達できるようになりました。

業種‥自動車部品製造業 年商5,000万

大手部品メーカーの下請けで、受注は安定していましたが、回収サイトが長く、仕入れの資金繰りにいつも困っていました。ファクタリングで想像以上に良い条件で現金化できるようになったため資金繰りに余裕ができました。

業種‥介護サービス業 年商2億5,000万

介護給付金の回収サイトは約2か月のため、入金までの期間が長く支払に苦労していました。ファクタリングを利用することで1.5か月ほど早期に資金化できるようになりました。

事業主様自身の資金調達可能額、手数料等を知りたい方はこちら↓

資金調達のプロ
<戻る>