資金調達とは!?理解して損はない!

未分類

資金調達の意味

 

今回お教えする資金調達という意味をお教えしたいと思っています。

資金調達は、お金を借りるという行動ではなくお金を貰うという事です。資金調達と聞くと勘違いしてる人が多くいると思いますが、正確には自分に合った補助金又は助成金を金融機関に申請を出して承諾を得るということです。

でも、申請が承諾されることはそんな簡単なことではありません。

どんなに事業が良くても承諾されるのは、4割程と言われており決して誰でも承諾されるわけではありません。そこを理解しない限り一生承諾されることはないでしょう。

もう一度自分の事業が通るものなのか自分なりに振り返ってみましょう。

 

資金調達の難易度

資金調達の申請までは、いたって簡単でございますが申請する種類によっては全然違います。

簡単に審査が通る順から言うと

  • ファクタリング
  • 手形割引
  • 担保型融資
  • 銀行融資

主にこの4つが資金調達の基本となっております。

ファンタリングや手形割引以外にも様々な金融機関があります。

その中でも王道なのがこの4つです。

ちなみに全部同じようなものという捉え方をしてるという人もいると思いますが、受けるビジョンによっては利息が付いてきたり20万も貰えないのもありますので、ここの金融会社支給額良いと言って適当に決めて後悔するのは、あなたなのでしっかり注意しましょう。

資金調達の基礎知識

主に使う知識というよりかは、単語です。そこの所を解説していきたいと思います。

資金調達の単語

負債 

資金調達の際にほとんど聞かれるのが、負債の方は大丈夫ですか?と一言聞かれます。負債の主な意味は、必要な出費のことです。

例えば会社を例にすると、人件費や光熱費や法人の維持費など様々なところで出費がかかります。その出費の事を負債と言います。

資本 

資本とは、金融資本や株式資本など色々ありますが主な意味は事業活動の元手という意味です。そもそも申請する時にどんな事業をするか教えないで、給付されるわけがありません。

その時に資本という言葉が何度も出てきますので、資本という意味を理解しとかないと自分の事業をうまく答えることも、質問なのどの質疑応答が難しくなります。

そういう面では、理解しとかないと大変だと思います。

融資 

最後になりますが、融資が理解できないと本当に話が通じませんし相手が何を言ってるかもわからないと思います。

融資の主な意味合いとしてましては、キャッシングと言われることが多いです。

融資の使われる場面としてましては、返済があるときのローンとして言われることが数多くあります。また、どこの金融機関で借りたいのか、なんのプランのサービスに受けたいのかを聞かれます。その時にどれくらいの融資があるか把握しとかないと人に説明する時大変かと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。