こんなビジネスは資金調達した方がいい!?

未分類

回紹介するのは、ビジネスにおいての基本となる資金調達したほうが効率がいい業界を紹介していきたいと思っています。

最後まで読めば自分のやりたいことの可能性を知ることができると思います。

飲食業

飲食業はどんなに小さい個人経営の場合でも、700万~1100万ほどかかります。この額を個人で集めるのは、相当な時間が掛かると思います。

時間が掛かるビジネスは、基本的に資金調達した方がいいと思います。

資金調達はそんなに難しいことでは無いし、時間が経過するにつれてやる気は消えていきます。

そういう面では、資金調達をすぐにしてビジネスを始めたほうがいいと思います。でも、飲食業はとても難易度が高い業界です。

初心者の人にありがちなのが、銀座や渋谷などの有名店が数を揃えて密集しているところは正直言って2ヶ月持ちません。

だから、最初は人の通りが少ない方がカリスマ性の魅力が強くなり繁盛する確率が41%上がるというデータがあります。

是非挑戦してみましょう!

コンサルティング

コンサルティングは、企業に案を色々提案していくのがコンサルティングの事業ですが最初から企業と連携を取って進めていくビジネスなのでオフィスや株式の会社が無いと企業からの案件は難しいように思えます。

そのため自分の会社の信用を上げるためには法人に登録をして企業えの信用深めていった方が良いと思います。

でも、法人に登録する費用は最低でも10万~20万ほど掛かりますのでその際の初期費用として、大体200万ほどあれば不安無くビジネスを続けることができると思います。

また、法人の維持費も月に大体7万~15万ほどかかると言われております。

この料金を毎月払えるか自分で考えてやって行かないと厳しいと思います。

 

対処法

ここでどうしてもこの二つをやりたいという人は、イベント業をおすすめします。

イベント業は自分の集客力をつけるだけでなく、自分の考えを形にするにはいい機会だと思います。

この自分の考えを形にするというのはとても重要です、例えば飲食業だったら自分はこんな感じの味でこれくらいの値段でこれくらいのデザインで商品を出したいという形に考えることが大切になります。

また、コンサルティングの場合は自分の意見を伝えるのが主な事業内容なのでイベント業で自分の考えを形にするのが出来ない様じゃ自分の意見を説明するのは、難しいと思います。

最後

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回紹介したことは、どれも成功したら莫大な資産を作ることができるものです。でも、その反面リスクがあることを忘れないで下さい。

だからと言って、挑戦しないで終わらすのはもっと勿体ないと思います。自分の考えを一度形にして人に伝えるというのはとても大切だと思います。

例え失敗したとしてもそれを失敗で終わらすのかそれとも経験にするのか、それは自分の捉え方で変わります。

失敗という捉え方だったらそこに成功はないと思うので、失敗を覚悟で挑戦したら思ったよりもうまくいくのが今の世の中です。

挑戦してみよう!